プリント基板の世界市場について

プリント基板の世界市場について プリント基板にいくつかの種類がありますが、その中で大半を占めるのがリジット基盤と呼ばれるものです。
リーマンショックのときには成長率がダウンしましたが、それ以外では順調に成長しています。
この背景には、世界的なスマートフォンやタブレットの需要の増加があります。
スマートフォンやタブレットが世界で売り上げを伸ばすにつれて、プリント基板の世界市場も拡大してきました。
このプリント基板を作っているのは、全世界に約2500社もあると言われていますが、市場をけん引しているのは中国、韓国、台湾、日本のアジアの国々に集中しています。
市場規模は現在プリント基板単体で4兆円近くあり、ここ数年は市場自体の成熟がすすんだこともあって成長率そのものは鈍化し始めています。
それでも2022年までの成長率は約3.2%と予想されており、7兆5千億円程度となる見込みです。
今後は基盤の製造において、3Dプリンターが大きな影響をもたらすであろうと予想されています。

プリント基板の市場規模とは

プリント基板の市場規模とは プリント基板は、家電製品を始め、PC・スマートフォン、産業用機械など様々な製品で用いられており、それなくしては新しい製品を産み出せないほど普及しています。
プリント基板の市場には、幾つかの分野に分けられプリント配線板自体とその関連材料、半導体パッケージ材料、実装関連、熱・ノイズ対策品といった種類の分野に広がっている特徴があります。
その市場規模については、まず配線板が約6兆円、関連材料だけでも約2兆円、他の分野も約1兆円といった具合に規模が分かれています。
この市場規模のけん引役を果たしている存在としては、近年はスマートフォンの普及が目覚ましいですが、スマートフォン向けの需要が拡大しているのが特徴となります。
将来的にはスマートフォンがけん引している状態が鈍化することになると予測されますが、それでもプリント基板の市場規模ではスマートファン向けの需要が当面は続くとされています。
プリント基板の開発も進み、より小型・薄型・軽量の三つの性能を兼ね備えたタイプも登場しています。